脱毛サロンで人気の部位の中にビキニラインが上げられます。

ミュゼではいまや、脇とセットでVラインも通い放題になっていますよね。

ビキニラインっていうと、ちょうど脚の付け根部分のパンツの境界線あたりなワケですけど、そこの線だけじゃなくて全面的にやりたいっていのがVIO脱毛です。

bikini

一時期、叶姉妹とかがあそこはパイパンイしてますとか、海外のセレブでは当たり前のことですとかテレビで発言して話題になったりしてましたよね。

 

エステの脱毛サロンだけではなく、ブラジリアンワックスなんかで全部処理している人も海外では多いみたいです。

 

たしかにあんな紐パンみたいな水着じゃ、そのままにしてたら全部丸見えですもんね。

 

 

といいながらも、VIO脱毛ということばそのものがあんまりよく分かんないんだけど?という人もいると思いますし、日本ではそこまで一般的なのかどうかは疑問です。

 

ちなみにミュゼの場合だと「ハイジニーナ」っていう呼び方をしています。

もともとは「衛生」という意味のことば「ハイジーン」から来てるってどこかのサイトで解説していました。

 

いわゆるアンダーヘアは濃くて太いので、効果は出やすいです。

 

でもIラインやOラインなどは皮膚に色素沈着がある場合も多いので、これだと光の効果は分散してしまいがち。

 

しかもハイパワーにするとお肌の方が火傷の可能性もあるのでできません。

 

そもそも粘膜部分はNGなので。

 

あと意外に陰毛って白髪になる年齢が低いので、メラニン色素が抜けてしまうとできません。

 

って感じなので、トライアングルはそれなりに抜けやすいですが、その他の部分はツルツルになるまでにはちょっとかかる人が多いようです。

 

 

 

 

 

 

脱毛一般